激務のサラリーマンがFX、アフィリエイト、ダイエット、英会話、ハゲ対策、細マッチョ化など、具体的に検証するブログ

静かな水は深く流れる

日記

我が家はトーンモバイルで見守り&安心。思った以上の安心感とキャンペーン申込手順も。

更新日:

実際にトーンモバイルは必要なのか?子供に持たしてみた実際の感想

この4月から小学5年生になる子供がいますが、キッズ携帯からトーンモバイルに変えました。

 

その感想としては、総じて、

 

変えてよかった

 

です。

もちろん、スマホのし過ぎみたいな状態にはなりますが、トーンモバイルは

 

  • インターネット、使用アプリの制限がかなりしっかりできる
  • インターネットも何を閲覧していたかまでしっかり分かる
  • どこにいるのかすぐに直観的にわかるので安心
  • 行動履歴まで分かって安心

 

というプラスの要素の方が大きいのです。

 

トーンモバイルを考えている人はそういったプラスの要素(安心感)とマイナスの要素(スマホ依存、危険なことに)の間で悩むんではないかと思います。

 

そういう方に実際に悩んだ者として、記事を書きますので、少しでも役に立てばと思っています。

 

※利用3ヶ月後の追記

インターネットは見れるサイトを一部制限していますが、スマホを自由に持てる環境になってしまうと、それでもネットばかりしてしまいます

 

特に、自分の部屋など親の目が届きにくいところで、ダラダラとスマホをする、というのが散見されたため、我が家では「自分の部屋にスマホ持ち込み禁止」というルールを新設しました。最初はネット自体を使わせない=電話と居場所通知など安心面だけを使う、ぐらいでもいいかもしれません。

 

トーンモバイルをキャンペーンで一番お得に申し込む方法

一番お得に申し込むのはWebからの申し込みになります。次のボタンから登録してください。

 

 

トーンモバイルにしてここが思った以上によかったーと思うところ

やっぱり安心感が得られたこと。いつまでも「持たせない」という考え方もあるものの、結局どこかでは持つ訳だし、変なサイトもそのうち見に行くようになる訳だし、「持たせたうえでの教育」というのもあると案じています。

 

位置情報が優れていて、とても安心

子供がどこにいるか分かる。これがやっぱりとても安心です。

 

うちの子供は塾に通うため、夕方に公共交通機関を使って移動していますが、バス、電車に乗ったときにもお知らせが来ますし、また、どこにいるかも明確に分かるためいいです。


 

公共交通機関(バス、電車)を使ったときに通知が来て安心

塾に行くときにバスや電車を使うのですが、通知がきて安心です。私学に行っていて電車・バスを使うお子さんの家庭にもいいと思います。

 

やっぱり子供ことで安心していられるというのは親の本能であると思いますし。

 

通知はこんな感じできます ↓ 、たまに乗ってもないのに通知がくるときがありますが、そのあたりは愛嬌ということにしています。

 

乗ったタイミングで親のスマホに通知がきますので、このリアルタイム性もいいんですよね。

 

 

何のアプリを何分使ったかまで分かって安心

何のアプリが使われているか分かるので安心です。インターネットも制限できますし、どのサイトを使ったかまで分かります。

 

自分でアプリを追加できないので安心

アプリは親が制限でき、かなり強力です。変なアプリが入れられることもないし、課金で大変になることもないです。ただ、いつから普通のスマホを渡せばいいのか?こういった制限付きのものを与えているので、普通にするタイミングがイマイチ分からないですが、小学生の間は少なくともこれでokかと思っています。

 

回線は細いがそれもメリットの1つではないかと思う

回線は細いです。家だとwifiがあるので快適ですが、外での利用は遅い。けど、それぐらいが丁度いいとも感じています。あんまり早い回線を与えてもね。。。

 

旅行のときに一緒に調べながら行動できて楽しい

ちょっとした喜びというか、楽しいこととして、旅行したときにいろいろとスマホで検索すると思いますが、そこに子供も参加して一緒に調べられるというところがありました。

 

ちょっと時間が空いた時に、もう1つどこか見に行こうか?みたいな話になって、候補を出していると、子供から「そのケーブルカーは今日は強風で運休しているよ」など、ナイスな情報が入ってきます。

 

小学5年生ぐらいにもなると、もうかなり自立してきていますし、自分でいろいろと考えたり、調べたりといった観点ではとてもいいのではないかと思います。

 

Ankiツールを入れて学習にも役立てることができる

僕は英語学習を中心にAnkiツールを使っているんですが、子供の受験対策用にもAnkiを導入しました。スマホにアプリを入れ、パソコンから塾で出ている問題を登録するといった感じです。

 

検索学習(単語帳のパラパラ)と同じようなものなので、漢字や社会、理科などの覚える系がやりやすいです。

 

検索学習は学習の王道なので、受験を考えている家庭では、子供が塾に通っている時間不安だったりすると思いますので、そういう安心感でもトーンはいいと思いますし、さらに受験用にいいアプリを追加で入れていくと効果大だと思います。

 

Ankiツールへの登録は親が結構やることになるんですが、テストで間違った問題などを見ながら入れていくことになります。

 

そうすると、何故ここで間違えたのか?次から間違えないためには、何を覚えておくことが大事なのか?といった親が考えることが増えて、より的確なサポートができるようになります。しかも、Ankiツールを介してのコミュニケーションみたいなところもあり、棘にならないから、何かいいんですよね。

 

危ないサイトは出てこないから安心

インターネットの制限はホントに強力で、さっきも書いたように、いつからどのタイミングで開放していくのか?の方が難しいかも。。。

 

Tポイントも貯まってちょっとお得

200円利用すると1ポイントたまります。まあ、あたり前といえばあたり前ですね。

 

まとめ

なんだかんだですが、トーンにしてよかったと思っています。子供への安心感がやっぱり一番大きな点ですが、子供の成長に合わせて親としてどう考えて、対応するか?ということに逃げずに向き合わないといけなくなります。

 

与えないという選択肢もありますが、この時代、与えながら、何を教えていくか?の方がよっぽど重要だと思います。

 

中学になれば、友達ネットワークでドンドン進んでいく訳ですし。

 

そうやって、そのうち、大人になる訳ですが、親としては適切な階段を登ってもらいたいと思いつつ、そうはうまくいかない現実と向き合っていくという意味では、まだまだいろいろありそうです。

 

そんなことに向き合わせてくれるトーンモバイル。小学生のうちは間違いないと感じています(笑)

 

 

 

 

-日記
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 静かな水は深く流れる , 2018 All Rights Reserved.