MCTオイルは睡眠の質、時間の短縮化に効果あり!短い時間でスッキリ起きる方法

2019年5月1日

なぜMCTオイルが肝臓に効くと睡眠にいい影響があるのか?

寝ている間にしていることって

 

・体に溜まった腐敗物(疲れ)の浄化

 

です。

 

それを担う器官が「肝臓」「腎臓」です。

 

そこが元気であればあるほどに寝る時間が短く済みます。そういう意味では、肝臓、腎臓への負担を下げることも重要ではあります(アルコール減らす、加工食品減らすetc)。

 

それに加えて、肝臓のエネルギー源となるMCTオイルを寝る前に取ることで、肝臓そのものにしっかりと働いてもらおうって考え方になります。

 

 

MCTオイルが肝臓に効果がある理由

MCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸は直接肝臓に取り込まれる性質があります。そして、糖分よりも先にエネルギーとして使われるのです。

 

なので、肝臓に直接エネルギーを注入しているようなものなので、体の処理が上手く進むことになります。

 

それに伴って、短い睡眠時間で済むようになるのです。

 

 

実践記

僕はもともと睡眠に関してはいろいろやっていて、ナイトレスト(メラトニン)はずっと飲んでいますし、重いブランケットも導入済みです。また、糖分が肝臓のエネルギー源になるため、寝る前にはちみつも摂っています。なので、MCTオイルとはちみつという2大エネルギー源を肝臓にぶち込んでいることになるのです。

 

なので、MCTオイルの効果だ!と一概には言えないのですが、MCTオイルを夜に使い始めてからの朝の状態は自己観察になりますが、できますので、そのレベル感で経験談をまとめておきますね。

 

 

2019年1月15日 寝る前にMCTオイルをティースプーン2杯飲む

寝る前にナイトレスト、はちみつといつものを摂り、最後にMCTオイルをティースプーンで2杯とりました。

 

いつもは朝7時前に目覚めるのですが、翌朝6時にかっきりと目が覚めました。ここ最近ではなかったことなので、やっぱりビックリ。思った以上に効果あるのかなーとも感じますが、帰ってきて、今これを書いている22時台で超絶眠いので、いいことだけではなさそうですが・・・

 

何はともあれ、朝はスカッと起きれたので、しばらく続けてみようと思います。

 

ちなみにMCTオイルは仙台勝山館のものを愛用しています。朝、昼などコーヒーに入れて飲んだりは毎日しています。それだけで活力でますから。

 

<MCTオイル(仙台勝山館)>

 

 

2019年1月27日 継続実施中

ナイトレスト、MCTオイルはティースプーン2杯、はちみつはティースプーン1杯か2杯が丁度良い感じです。

 

体の疲れみたいなものは20代、30代にくらべて全然なくなっており、そういう意味では体ってちゃんと対処すると本当に元気になるなーと思っております。

 

ただ、まだまだ完璧って訳じゃなくて、もともと肝臓は弱い方なので、さらにケアして完全に肝機能を回復させたい(γGTPを正常値にしたい)なーと思っております。

 

 

2019年3月22日 一旦停止しています

今、タイムリリース型のメラトニンを検証しており、一旦夜寝る前のMCTオイルを止めています。タイムリリース型のメラトニンに変更したこと、ビタミンDとマグネシウムを夕食後に取るようにしたことでさらに体の調子がよくなっています。