激務のサラリーマンがFX、アフィリエイト、ダイエット、英会話、ハゲ対策、細マッチョ化など、具体的に検証するブログ

静かな水は深く流れる

日記 検証中:水虫とインキンタムシの根絶

【結論】最強の保湿方法はココナッツオイルを使うで決定っぽい件

投稿日:

 

 

保湿で迷ったらココナッツオイル

 

 

なぜココナッツオイルが最強なのか?

そもそも保湿は肌に悪くないオイルを塗っておくぐらいしか手がないみたい。いろいろなスキンケア商品があるけれど、売りたくて作っているだけのもので、あまり意味なし。

 

なので、ワセリン、ココナッツオイルで十分というのが科学者の結論。

 

なぜ、ワセリンはダメなのか?

ダメじゃないんですが、ベトベトする感じが強いのと、伸ばすのも少し大変。オイルなので、ココナッツオイルもベトベトはするけど、それよりも人工的な感じでイマイチなんですよね。ココナッツオイルの方が加点になる部分も多いし。

 

ココナッツオイルが優れている点は?

まず、食べれる=飲める、というぐらい体にとって無害なものというのがあります。それなのに、抗菌作用が強い、例えば、口に含んでマウスウォッシュすれば口の中の菌=ネバネバを撃退してくれますし、体に塗れば、全身の保湿ができる。

 

また、僕はややインキンに悩んでいたのですが、ココナッツオイル塗り続けたお陰かかなり解消されました。それ以外にも食事の影響とかもあるとは思っていますが。

 

なので、フケ、ニキビ、マセラチア菌、インキンなど体の皮膚の問題に対してもとても優秀。風呂上りにとにかく全身にベタベタ塗るのがいい感じなのです。

 

どのココナッツオイルが最強なのか?

オーガニックで口に入れれるものならばあまり大差はないようにも思いますが、次のやつがおススメです。

 

→ ジャローフォーミュラズ(Jarrow Fromulas) エキストラバージンココナッツオイル(アマゾン)

 

効果的なココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルって万能で僕は次の4点で使ってます。

 

  1. 料理用の油の代わり(バター、オリーブオイルと料理によって使い分ける感じ)
  2. コーヒーに入れて飲む
  3. マウスウォッシュ
  4. 全身の保湿・抗菌

 

といった感じ。

4の全身の保湿・抗菌は風呂上りにひたすらココナッツオイルを塗りたくっていきます。特に菌が発生しやすい箇所(陰部・背中など)にはしっかり塗ります。

 

顔にも使えますが、半年ぐらい使っていますが、シミは薄くなってきています。もちろん、食事面などの見直しの効果もかなりあるとは思っていますが。

 

ココナッツオイルを使っていてちょっと不便だなーみたいに思う点

冬場は固まる

固まるというのが、飽和脂肪酸が多くて、いい油の証拠でもあるので、それ自体はしょうがないのですが、使うときに不便。

 

なので、水道の蛇口からお湯だして、瓶ごとそこに少し置くことで溶けますので、そういう風にして冬場は使う必要があります。

 

やっぱりベタベタする

これはオイルなので、しょうがないですね。寝る前に全身に塗って、その箇所がパジャマから外れる箇所だとベッドのシーツにも移ります。

 

特に頭に塗った場合はマクラに油が移りますので、そういった面で、洗濯回数は増えるのかなーと思います。

 

頭のフケが気になる人にとてもココナッツオイルはいいのですが、はちみつピーリングで撃退してしまう方が効果は高いので、その記事もまた書きたいとは思います。

 

まとめ

些細なデメリットはあるものの、使わない理由が正直見当たらない。ミランダカーも全身に使っていると言ってますしね。

 

→ おススメココナッツオイル(アマゾン)

 

-日記, 検証中:水虫とインキンタムシの根絶
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© 静かな水は深く流れる , 2018 All Rights Reserved.