激務のサラリーマンがFX、アフィリエイト、ダイエット、英会話、ハゲ対策、細マッチョ化など、具体的に検証するブログ

静かな水は深く流れる

検証中:ハゲを食い止めフサフサになる

ハゲ対策最強最終兵器!?ヘアーマックス(HAIRMAX)の検証&実践記録

投稿日:

 

 

ハゲには低出力レーザーで勝負

 

 

ハゲ対策にはどうも「低出力レーザ」が効果的らしい(科学的事実!)

ちょっとびっくりしたのが、アメリカのUS FDA(アメリカの厚生労働省)によって認可されていて、かつ、科学的に効果があると明確に証明されている点です。

 

特に効果があるとされている内服液系のものは毛が濃いくなるといった副作用があるのですが、この低出力レーザーはほとんど副作用がありません(ちょっと湿疹が出た人はいる)。

 

さらに、「日本皮膚科学会ガイドライン」の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」にて、「B:行うように勧める」になっている。

 

とにかく、調べれば調べるほどに、低出力レーザーが一番体に負担がなく、効果が高そうだ!ということが分かりました。

 

なのですが、売っている製品が少なく、アメリカのHAIRMAX(ヘアーマックス)しかありませんので、早速購入しました。

 

→ ヘアーマックス(公式サイト)

 

 

実践記

2018年11月4日 注文する

前から気になっていたヘアーマックスを注文しました!

 

シンガポールから発送されるようで2週間は最長でかかるとのこと。気長に待ちます。

 

 

 

各実験結果や評価結果の詳細

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン作成委員会
眞鍋 求、 坪井良治、板見 智、長田真一、天羽康之、伊藤泰介、乾 重樹、植木理恵、大山 学、
倉田荘太郎、幸野 健、 齊藤典充、佐藤明男、 下村 裕、 中村元信、 成澤 寛、 山㟢正視、

 

CQ5:LED および低出力レーザー照射は有用か?
推奨度:B
推奨文:LED及び低出力レーザー照射を行うよう勧める.
解説:LED及び低出力レーザー照射の有用性に関し,男性型脱毛症に対する 4 件のランダム化比較試
験73)~76),1 件の非ランダム化比較試験77),女性型脱毛症に対する3件のランダム化比較試験75)76)78)が実施されている.

 

先ず男性型脱毛症に関して,655 nm 低出力レーザー・(週 3 回照射)を用いた,110 名の男性被験者を対象とした観察期間 26 週間のランダム化試験において73),低出力レーザー照射群では照射前に比較して毛髪数は 19.8 本/cm2 増加し,コントロール群(対象赤色光源)では 7.6 本/cm2 減少した.またレーザー照射後の副作用は 4 例で軽度の照射部の異常知覚,4 例で軽度の蕁麻疹が生じた.

 

次いで女性型脱毛症に関して,9-beamレーザー照射装置(655 nm)と 12-beam レーザー照射装置(6beam635m,6beam-655 nm)(週 3 回照射)を用いた,女性122名の被験者を対象とした観察期間26週間のランダム化試験において75),成長期毛の数は,女性において 9-beam レーザー照射群は 20.2 本/cm2(コントロール群 2.8 本/cm2),12-beam レーザー照射群は 20.6 本/cm2(コントロール群 3.0 本/cm2)と有意に増加していた.また男性でも同様に有意にレーザー照射群の毛髪が増加していた.レーザー照射後の副作用は,照射部皮膚の乾燥が 5.1%,瘙痒が 2.5%,圧痛が 1.3%,ひり
つきが 1.3%,温熱感が 1.3%であった.

 

以上のように,LED および低出力レーザーの発毛効果に関しては,有用性を示す十分な根拠があり,副作用も比較的軽微であることから,適切な機材を使用して行うよう勧めることにする.

 

ただし,上記の機器は国内ではまだ認可されておらず,用いられる光源の種類,波長,出力は報告によって様々ある.

 

 

-検証中:ハゲを食い止めフサフサになる
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 静かな水は深く流れる , 2018 All Rights Reserved.