激務のサラリーマンがFX、アフィリエイト、ダイエット、英会話、ハゲ対策、細マッチョ化など、具体的に検証するブログ

静かな水は深く流れる

検証中:子供の中学受験に親はどこまで助けられるか

中学受験対策記録 ~最大限の効果を出す科学的勉強法をマジ実践中~

更新日:

 

 

 

息子の中学受験に科学的勉強法を適用したらどんだけ成績が上がるのか?志望校に行けるのかやってみてます

 

 

 

事の経緯

2018年8月の夏休み。うちの子供(5年生男子)は日能研に通っているのだけど、どうにも成績が上がらない。日能研は成績順に席が決まるのだけど、前から3番目。そして、偏差値は50ちょい(日能研偏差値)で、志望校である広尾学園61、市川学園61には到底届きそうにない

 

僕自身、高校出たときに偏差値40ぐらいだったので(浪人して6大学には行ったが)、別に勉強はいいんでないの?と思っているタイプなんだけど、子供がやたら真剣。

 

でも、成績が上がらない。

 

そんな感じで夏休みに突入。

 

嫁も働いているので、夏休みは午後からの塾までは一人で家にいることになるんだけど、まあ、ダラダラしている。全然勉強していない。本人的には頑張っているつもりみたいなんだけど、ついついテレビ見てしまう、ipadしちゃう。そんな感じでした。

 

、嫁は激怒し、親子喧嘩が始まる。

 

僕はそれを見ているだけ(汗)

 

で、いよいよ切れた嫁が、勉強は一切見ない発言「あなたに任せた」と。

 

おっと、これはと思い、息子と話をしてみると、本人はいたってやる気。なんだか真剣なんだけど、空回りしている感じ。うまくいかないから目の前にある誘惑に負けちゃうみたいな。じゃあ、パパも支援するぜ、となり、勉強は嫁は一切みない=僕が勉強をみることになりました。

 

で、どうにも誘惑が多すぎて、勉強が手につかないといった状況だったので、まずはその辺りから改善だなーと思うとともに、個人的によく見ているメンタリストDaigoの動画で「やる気」だったり「勉強法」だったりをひたすら見ました(まずはinputを大量に)

 

まずもって、僕が勉強できるタイプでもないので、僕の知識のまま教えてもいい結果にはならないんですよね。なので、世の中の効果のある方法をわざわざまとめてくれている人の本当に有益な情報は使うしかないっしょ、といった感じ。

 

本当にかなり沢山の動画をinputしました。今2018年9月19日ですが、この1か月ちょっとでみた動画の量はハンパないです。

 

 

5年生夏休み~

習慣化の原則に照らし合わせて行動する

人がある事柄を習慣にするには2カ月かかるみたいです。その間にあまり沢山のことはやらずに、というか1つのことをきっちりと習慣化することが大切なんです。

 

なので、多くの改善が必要な状態ではあるものの1つずつ焦らずに行こうと決めました(2018年8月頭ごろです)。

 

翌日やることを具体化する、紙に書く

どうにも誘惑に流れる傾向があったので、インターネットは全面禁止としました。

 

そして、「やる気」というのは嘘みたいで、要するにやるべきことが「フワッと」しているから、なんとなく着手しない状態になってしまうだけなので、翌日の勉強の予定を超具体的にノートに書かせるようにしました。

 

・朝起きたら、1時間で計算のxxページからxxページまでやる
・学校から帰ったら、1時間で〇〇問題集のxxページからxxページまでやる

 

といった感じです。

 

これは、うちの息子には効果絶大で、いままであんなにフラフラしていた勉強がきっちりとできるようにすぐに変わりました。ポイントは「超具体的にすること」の1点につきます。

 

人間は何かを始めるときに意志力を結構使います。そのときにやることが「フワッと」していると、そこにかける意志力が大きすぎてなかなか始められないのです(=なんだかやる気起きない、面倒くさいとかはすべて同じ原理です)。

 

なので、超具体的に手順化しておき、かかる時間も大体の目安で見積もっておくことで、そういった意志力を使わずともできるようになります

 

あんなにテレビやネットばっかりしていた息子がガラッと変わったのは驚きでしたねー。自分の仕事にも取り入れるようにしましたし、これは(汗)

 

8月中には次の日にやることをノートに書き込み。次の日はその予定に従った行動(=勉強)だけすることは定着しました。

 

こうやって事前に決めておくことで何をやるか悩む必要もなくなりますし、問題を解いていて分からない問題があればそれは週末まで取っておくルールとしているので、分からない問題があったときも、それで止まってしまうことは無くなりました。

 

やりながら自分の子供にあった工夫みたいなものは必要だと思いますが、「超具体的にする」ということを意識してやるといいです。

 

もし、

 

「朝起きたらxxページからxxページやる」

 

といった記述では上手くいかない場合は

 

「朝起きたら顔を洗って、そのまま机に座る」

「前日に決めておいた問題集のxxページを開ける」

「鉛筆を手に持つ」

「問題を1つずつ解く」

 

ぐらいに分解してしまってください。最初にどうしても重い腰が上がらない場合は分解が甘い可能性があります。誰が見てもそういう行動を取れればその行為はできるぐらいに詳細に記述することで、「やる気」とは違った領域でものごとに取り組めるようになります。

 

5年生の秋~

復習の効率的なやり方を取り入れる

次に手をつけたのは復習のやり方です。9月中旬から取り組みを開始しました。

 

まず、復習で大事な点は

 

  • 間違ったところはちゃんと復習する
  • 1回復習したら1週間ほどの期間をあけながら復習する
  • なぜならば、忘れそうなときが一番効果があるから
  • 解き方が分かるならばあえて最後まで解かないでもok(1回、2回と回数をこなしているとそうなる)
  • 復習は教科ごととか、試験ごとではなくて、問題をバラバラにしてやった方がいい
  • 分からない問題があれば、×、できたら〇とし、5回〇がついたらその問題は卒業とする

 

今まで全然復習やってこなかったらしく(そりゃ成績上がらん訳だ)、やったテストとかも全部そのまま保管してあるだけという状況が分かりました。

 

で、毎週のように新しいテストは受けて帰ってくる。それでは復習がなかなか前に進まないことになってしまうのです(汗)ですが、焦ってもいいことはないので、次の方法でやることにしました。

 

  • 新しいテストで間違ったところは、それだけの問題用紙を作り、復習をしやすくする(写真を取って、PCで小問題的な感じのものを作って印刷します)
  • 前にやったテストは1週間に2回分ずつ間違ったところを小問題を作る(全部で22回ほどやっているので、11週間=年末までには終わる)こととしました

 

これだと、5年の夏までに実施したテストで間違ったところがすべて復習のレールに敷かれることになります。ランダムにやることでより記憶に定着するとのことなので、1週間以上の間隔をあけながら、ランダムにひたすら問題を解くスタイルを取り入れてやってみることにしました。

 

2018年9月24日 復習実践1週間後

復習の実践をして1週間が立ちました。

 

プリントをバラバラにしてランダムにやっていく、そして間違ったところ中心なので、まずは自分の苦手の再認識とできるようになる、というStepです。

 

勉強=できない、分からないことをできるようになる、ですので、大人は何故できないのだろうって考え方にならないように注意が必要ですねー。大人の教育にもなっている気がします。

 

 

2018年9月26日 トランポリンを取り入れる

ちょっと早いかも・・・と思いつつ、息子にトランポリンを取り入れることにしました。うちの息子は運動が嫌いで、なかなか体を動かすことをしません。運動しないと脳が発達しない・・・という現実がある訳なので、体育の授業がない日などは1日5分トランポリンをさせることにしました。

 

もともと、自分のダイエットというかミトコンドリアを増やしたくて取り入れたんですが、うちの息子は運動しないせいか、「疲れた」という発言も多くて、そういう意味ではトランポリンさせてミトコンドリアを増やさないとなかなか勉強の効率も上がらないといった状況かと思い。。。

 

 

2018年10月12日 復習の実践はなかなか難しいぞ、と感じている

復習の実践をはじめてますが、

「今やらなければいけないことが多くて復習の時間が取れない」

という問題にブチ当たってます。

 

  • 月、水、金で塾があり、その日は学校の宿題もせねばいかんので、ほぼ時間無し
  • 土曜日は毎週テストがあり、午後はつぶれる。午前もテストに向けて勉強しているから(直近習ったテスト範囲の)、復習の時間があまりとれない
  • 日曜日はさすがに休んだ方がいいと思っているので(効果的な学習には休みは必須)、そうするとほぼ時間がない、ということになる

 

間違ったところを中心に、なぜ間違ってしまったのか?問題の解き方が分からなかったならば、分かるようになればok(いちいち全部解かない)といった方法などを活用して復習効率上げようかなーとも思っています。

 

理科、社会であれば、ダイニングやリビングなどで、親から問題を出して答えてもらうといったコミュニケーションの一環でクイズ形式で取り入れてみるとかもいいかなーと。

 

試行錯誤ですね。

 

脳に悪い7つの習慣

本棚を整理したら出てきたので、改めて子供中学受験目線で読んでみたら、なかなかよかったので、エッセンスをこのページにまとめておきました。

 

 

-検証中:子供の中学受験に親はどこまで助けられるか
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 静かな水は深く流れる , 2018 All Rights Reserved.